開催主旨

ネット社会の進展に伴い、インターネットを介して企業のウェブサイトや公的機関のシステムなどに不正侵入するハッキングによる被害が近年急速に拡大しています。最近ではソニーのネット配信サービスが攻撃を受け、計1億件以上の個人情報が流出しました。一方、海外では民間企業のみ成らず、政府機関や軍事施設が国家主導と思われるサイバー攻撃を受けていることが報告されています。こうしたサイバー攻撃の背後には、特定の政治的な思想に基づき、国境を越えて連携するアノニマスなどハッカー集団があるとされています。本シンポでは、こうした後を絶たないサイバー攻撃はどう理解されるべきで、政府・企業・個人はどう対応すべきか、について議論します。

主催

慶應義塾大学SFC研究所 プラットフォームデザイン・ラボ

日程

2011年8月29日(月) 18:30 - 20:30

会場

慶應義塾大学 三田キャンパス 東館6F G-Sec Lab (案内図

パネリスト

鈴木 正朝 氏  (新潟大学法科大学院教授)
八田 真行 氏  (駿河台大学経済学部専任講師) 
塚越 健司 氏  (一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程)         
加藤 幹之     (慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科特任教授)
國領 二郎     (慶應義塾大学総合政策学部長)           

モデレーター:
ジョン・キム     (慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授)

定員

80名 (定員に達し次第、締め切らせて頂きます)

※ご参加ご希望の方は、直接会場へお越しください。

参加費

無料

ライブ中継

GIE内ustreamサイト:
http://gie.sfc.keio.ac.jp/sympo110829/ustream.html
ustreamサイト:
http://www.ustream.tv/channel/gie-sony
Twitter ハッシュタグ:
#GIE_sony

問合せ

株式会社テレコンサービス内 シンポジウム事務局
TEL: 03-5549-2117 email