開催主旨

日米におけるインターネットエコノミー進展のためのパートナーシップの在り方と具体的な行動について議論することを目的としています。

主催

慶應義塾大学SFC研究所 プラットフォームデザイン・ラボ
ACCJ(在日米国商工会議所)

日程

2010年6月17日(木) 15:00-17:00

会場

慶應義塾大学三田キャンパス 北館ホール(案内図

プログラム

◆ 基調講演
(1) Ambassador Philip L. Verveer
   (U.S. Coordinator for International Communications and Information Policy at the U.S.
   Department of State)
(2) 村井     純      (慶應義塾大学 教授)

◆ パネルディスカッション
   パネリスト: 
    岸本   周平 氏   (民主党 衆議院議員)
    内海   善雄 氏   (前ITU事務総局長)
    加藤   幹之 氏   (富士通総研 専務取締役)
    杉原   佳尭 氏   (ACCJインターネットエコノミータスクフォース委員長)
    谷脇   康彦 氏   (総務省情報通信国際戦略局 情報通信政策課長)

    モデレーター:
    金     正勲     (慶應義塾大学 准教授)

※同時通訳有り

定員

100名 (招待制)

入場参加者数

124 名

参加費

無料

問合せ

株式会社テレコンサービス内 シンポジウム事務局
TEL: 03-5549-2117 email