シンポジウムレポート

シンポジウムのもようを掲載しました(2010年5月28日公開)

開催主旨

個人を識別するIDは、本人認証や決済のほか、ID保持者の匿名化による行動・履歴情報の活用に至るまで大きな可能性を持つ基盤の一つです。一方で、IDの活用におけるプライバシや利用者の抵抗感という問題が存在します。本シンポジウムでは、感情的な是非論に陥ることなく、技術的・制度的な観点からの正しい理解を前提に、制度やシステムを設計する方向を示すべく、OpenID、税・社会保障番号(国民ID)、オープン・ガバメントや行動ターゲティングなど官民における活用の可能性と、プライバシの問題について議論します。

主催

慶應義塾大学SFC研究所 プラットフォームデザイン・ラボ

日程

2010年3月25日(木)18:30-20:30

会場

慶應義塾大学三田キャンパス 東館6F G-SECラボ(案内図

パネリスト

岡田 仁志 氏 (国立情報学研究所情報社会相関研究系准教授)
竹井  淳  氏 (インテル株式会社)
原田  泉  氏 (国際社会経済研究所)
山口  英  氏 (内閣官房情報セキュリティセンター情報セキュリティ補佐官)
            奈良先端科学技術大学院大学情報科学研究科教授)

國領 二郎    (慶應義塾大学総合政策学部長)

モデレータ:
折田 明子    (慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科講師)

司会:
金正  勲    (慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授)

参加申込

シンポジウムは終了しました

※ 参加費:無料

入場参加者数

51名

問合せ

株式会社テレコンサービス内 シンポジウム事務局
TEL: 03-5549-2117 email