シンポジウムレポート

第1回テーマ 「電波オークションは導入すべきか」(11月17日公開)
第2回テーマ 「独立行政委員会(日本版FCC)は創設すべきか」(12月24日公開)
第3回テーマ 「NTT再々編問題はどう決着をつけるべきか」(12月24日公開)

開催主旨

 いま日本では新政権が誕生し、政府・政策のあるべき姿に関する抜本的な総点検の機運が高まっています。情報通信分野もその例外ではありません。デジタル化やネットワーク化の進展に伴い、日常生活や経済活動の中でITが占める比重は急速に増大しています。一方で、`ガラパゴス化`に象徴されるように日本の情報通信分野の国際競争力は必ずしも強いとは言えないのが実状です。その背景には様々な要因が考えられますが、特に、政策面で本質的な問題解決を長年先延ばしにしてきたことが大きな原因だと言えるでしょう。
  プラットフォームデザイン・ラボでは、次世代のインターネットエコノミーを支える政策の在り方を社会に提案する研究を本格化していく予定です。その一環として、新政権誕生に合わせ、日本が直面している最も重要なIT政策問題について皆さんと議論するシンポジウム・シリーズを企画させて頂きました。具体的には、これからの日本の情報通信産業の発展を考える上で避けてはいけない、そして真正面から議論し、至急明確な結論を出すべき政策問題として、「電波オークション制度の導入」、「独立規制委員会(通称、日本版FCC)構想」、そして「NTT再々編」の3つを取り上げ、徹底的に議論します。ご関心のある皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

主催

慶應義塾大学SFC研究所 プラットフォームデザイン・ラボ

日程・各回テーマ

10月29日(木)18:00-21:50 

第1回テーマ 「電波オークションは導入すべきか」
18:00-20:00 シンポジウム 
電波はデジタル時代のイノベーションを支える中核的な源泉資源です。本シンポでは、希少な電波資源をどのように割り当て、管理していくのか、について議論します。特に、欧米諸国では今や常識とされる電波オークション制度や日本への導入について議論します。
20:15-21:50 懇親会(招待者のみ)

11月19日(木)18:00-21:50

第2回テーマ 「独立行政委員会(日本版FCC)は創設すべきか」
18:00-20:00 シンポジウム
日本のIT政策の政策決定プロセスには、透明性、専門性、説明責任といった観点で改善すべき課題が山積しています。特に、あるべき政策決定主体の在り方において、現行の省庁主導の体制に対し、代案として浮上しているのが独立行政委員会(通称、日本版FCC)構想であります。本シンポでは、日本の情報通信行政に独立委員会制度を導入することへの意味や期待される効果について諸外国の事例を踏まえて議論します。
20:10-21:40 懇親会(招待者のみ)

11月26日(木)18:00-21:50 

第3回テーマ 「NTT再々編問題はどう決着をつけるべきか」
18:00-20:00 シンポジウム
日本では30年以上に渡り、NTT一社の組織形態について明確な結論を出さないまま、問題解決を先延ばしにしてきました。またその間の再編議論は、特定の利害関係者の間での不透明な妥協の産物であり、国民利益という視点が不在した中で生まれたものであると言わざるを得ません。本シンポでは、今後、主に競争やイノベーション促進、そして国際競争力強化という観点から、NTTのあるべき組織形態について議論します。
20:10-21:40 懇親会(招待者のみ)

パネリスト

池田 信夫  氏  (上武大学大学院経営管理研究科教授、SBI大学院大学客員教授)
佐々木俊尚 氏  (ジャーナリスト)
関口 和一  氏  (日本経済新聞社編集委員兼論説委員)
國領 二郎  氏  (慶應義塾大学 総合政策学部長)
中村伊知哉 氏  (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授)
岸   博幸  氏 (慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 教授)

モデレーター
金   正勲  氏  (慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 准教授)

会場と定員

10月29日(木) 慶應義塾大学日吉キャンパス 協生館 藤原ホール(定員:350人)
11月19日(木) 慶應義塾大学三田キャンパス 北館 ホール(定員:240人)
11月26日(木) 慶應義塾大学三田キャンパス 北館ホール(定員:240人)
※ 定員に達し次第、申込みを締め切らせて頂きます。

入場参加者数

10月29日(木) : 197名
11月19日(木) : 151名
11月26日(木) : 120名

参加費

シンポジウム:無料
懇親会:無料(招待者のみ)

参加申込み

entryhpへ

申込みが定員に達しましたので、受付を終了させていただきます。
多数のお申込ありがとうございました。

問合せ

株式会社テレコンサービス内 シンポジウム事務局
TEL: 03-5549-2117 email